ペニス関連有効情報

【体験談】包茎手術も失敗する可能性あるんか… 3.11/5 (38)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本人の9割弱が仮性包茎と言われていますが、包茎がコンプレックスとする男性にとって、手術はそれなりに覚悟が必要で一大決心のイベントです。
ただし、「仮性包茎」は医学的にいえば「普通」であり、手術や対策をしなければならないということはありません。

しかし、ネットの話題や過去の女性経験などからコンプレックスのひとつとして根強い悩みとなっているのも事実。
コンプレックスだし、包茎と思われるのが嫌で、人に知られないように、こっそり手術したいと考えるようですね。また、包茎手術は「自由診療」となっていますので、診療所、クリニックなどにおいて手術の金額設定もまちまちです。

金額の高い低いだけではそのクリニックを見極められません。
なので、安いから、高いからという理由だけでクリニックを選ぶのはナンセンスです。
ここでは価格選び以外のポイントの包茎手術の「失敗体験」をお伝えします。

包茎手術の失敗体験談

30代の男性が某クリニックの来られた時の話です。
元カノとのセックスがうまくいかなかった経験があり、自分が仮性包茎だからなんだと、そこに対して強烈にコンプレックスをもってしまったそうです。
これがきっかけで包茎手術を決心したのですが、周りにばれるのを嫌がり、地元ではなく離れた場所で手術を受けました。

そのクリニックはネットで見つけたようで、クリニックの宣伝文句に「30分・日帰り可能」「良心的金額設定」「WEB割引限定」など、早い、安いという事で決めたそうです。
手術も無事に終わり、宣伝文句通り、日帰りで手術費用も他のクリニックよりも安く済んだんだそうです。(価格の記載は控えます)手術後も満足して帰宅したそうです。

問題は帰宅した後に起こったのです。男性の方(女性もそうですが)ならお分かりになると思いますがペニス(陰茎)は体の中で、最も不潔になりやすい場所です。
手術をした後は特に清潔に保たなければなりません。
クリニック側も恐らく、術後のケアの説明(局所の清潔の維持)はされたと思います。
しかしその男性は手術が無事に終わった安心感と、遠く離れた場所なので、早く帰路につきたいがあまり、大事なその説明を十分理解していなかったそうなんです。

そのクリニックの手術後3日経過して、致し方なく地元の泌尿器科を受診されました。
その時点で、局所の傷は化膿しており、真っ赤に晴れ上がった状態だったそうです。
その後、約一週間の通院と自宅での排尿後の消毒によって、傷の状態はよくなりました。

包茎手術はどこで受けるかが重要!

包茎はナイーブな問題なので、万一の場合、すぐ相談できる環境は大切です。
24時間とは言わなくても、緊急の際の電話、メールで相談に応じているクリニックや美容外科はクリニック選びのポイントになると思います。

また、一番重要なのは、やはり「手術後の清潔の保持」につきます。
手術によって包茎が改善されたことの安心感と手術後に患部に触ってはいけないとう不安から清潔にしなくなってしまうそうです。
さらにその後では手術前に比べて、清潔への意識が薄くなる傾向にあるそうです。

手術により、若干の痛みが伴い触るのも困難だと感じたのかもしれませんが、清潔にしなければもっと悪化するのは間違いないのです。
きれいに洗って、必要があれば消毒(医師の指示がある場合)することをおすすめします。
包茎手術は1週間から10日ぐらいで通常の生活に戻れますので、ぜひ心に留めていただければ幸です。

評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る